がん保険

がん保険

ガン保険のパンフレットを最後から読むと良い

実は、保険会社の宣伝には巧みなワナがあるみたい((+_+))
だから、しっかりチェックをして保険を間違って選ぶことのないようにしよう〜。
初めに確認すべきことは・・・終身か、定期かどうかってこと。
他にも、解約払戻金の確認も忘れずにしよう(>_<)
責任開始日ってい、きちんと意味を理解してるかな〜?
保険のパンフレットって、最後から読むと実は良いそうだよ〜!!
将来あるかどうかまだ分からないことに対しての保険なのが「がん保険」だよね。
実際に、長い先を生きてみたところで良い商品なのかどうかが分かるのががん保険なわけ(+o+)
保険っていうのは、複雑な仕組みが潜んでるみたい・・・。
がん保険選びを、メリットだけに騙されない選び方をしたいところだね(^。

ボーナスが付いたがん保険は女の人をターゲットにしてる

主婦の人とか、女の人ってついターゲットになりがちだよね〜。

 

効果のある宣伝ってことで、CMなんかよりも大きな成果を生むのが、おばちゃんたちの口コミなんじゃないかな〜??
がん保険とか医療保険ついて、悩みの種となってる主婦の人って多くいるはず・・・。
ボーナス付きの保険に魅力を感じるのではないかな〜??
掛け捨てが多いのが、がん保険でね。
そして、サービスが付いてる医療保険の方が、がん保険よりお得感を感じてる人もいるかね〜。
色んな保険会社から、色んな特典がついたものが多くあるよね!!
でも、忘れちゃいけなのが・・・。
ボーナスとか特典とか色々とついてはいるけど。
実際には、自分が毎月支払ってる保険料から出てるんだよね〜。
ボーナスが満期になるともらえるって思いこんでる人多くいるけど・・・。
実は、支払いがなかったときだけもらえるなどの条件が付いてることがほとんどみたい((+_+))
そして、頭にいれておきたいのが利益を得ることができない商品を保険会社が作るかどうかってこと(*_*;
ボーナスとか特約で、うまく丸めこまれてるように思えるよね・・・。

がん保険とがんの遺伝性

毎日のようにテレビのCMでも「がん保険」の言葉を耳にするよね〜?
実際、がん保険をかけてるって人もいるだろうし・・・。
「がん」っていうのは、日本人の死亡の原因の1位として、恐れられてる病気だよね(*_*;
がん保険に入って、がんの治療をできるようにって考えてる人もいるんじゃないかな・・・。

 

今は言ってる保険にプラスして、がん保険に入ろうかって考えている人も多くいるはず!!
がん保険を選ぶときには、いくつか方法があるそうだよ〜。
遺伝性のある病気って考えられてるがんでね。
家族ががんになったからといって、がん保険に入ろうとする人も少なくはないんじゃないかな〜?
子どもへと親から遺伝するっていうものではないけど・・・。
がんの原因は、遺伝子の異常が原因で起こるものなわけ。
でも、がんになりやすい体質っていうのは、もしかすると遺伝してるってことが完全に否定できるわけじゃないよね!!
どうやら、生活の環境が影響してるだろうってことが最近指摘されてるんだよね〜。
運動不足とか肥満、ストレス、タバコなど・・・。
がんの予防を、がんの要因を避けて生活することでもがん予防となるのかもしれないね(>_<)
そして、がん保険のお世話にならないように、普段から気をつけてみよう〜。

がん保険料の差は保障の差が決めてとなる??

つい、保険料が安いかどうかで「がん保険」を選んでいないかな〜??
保険料が安いってことが、対象ががんだけだから比較的低い設定になってるようだよ〜。

 

でも、保障の中身に差があるから保険料だって違うわけ(−−〆)
だから、とりあえず安いものに入るっていう考えは捨てた方が良いかもね!
保険料以外にも注意をして、正しい「がん保険」を選んでいこう〜。
終身タイプのものと、10年更新タイプのものとあるのが保証期間なんだそうだよ。
保険料が更新されて10ごとに高くなっていくのが、10年更新タイプ。
年齢とともに保険料が高くなっていくってもので、加入したときには安いんだけど段々と数倍の保険料となるんだよね(*_*;
保険料を更新しないで良いのが、終身タイプのがん保険。
実際、加入するときの保険料は高めだけど・・・。
保険料は、歳をとると安くなるそうだよ〜。
終身型のほうが、一生払い込む保険料っていうのは平均寿命まで生きるとお得なんだって。
でも、中には診断給付金っていうものが少ないとかでないってことが「上皮内がん」という初期の場合には多いみたい(−−〆)
再発したがんにも保障されてるがん保険もあったりしてね。
保険料は、何度も支払われるってことだと当然高めの設定となってるそうだよ・・・。

がん保険を死亡保障に特約でつけるときには・

多くの人が死亡保障の保険に入ってるんじゃないかな〜?
そして、がん保険って最近よく耳にする言葉じゃないかな??
ほんと、色んな保険会社からたくさんの「がん保険」の商品がだされていてね・・・。

 

正直、がん保険に入ろうとしても頭を悩ませるんじゃないかな(+o+)
がん保険で保障を得る3つの方法はというと。
1、がんだけを保障の対象としてるがん保険に入るってこと。
2、がんの保障が医療保障に含まれてるっていうものに入ること。
3、がんの保証を死亡保障の特約としてつけること。
どうやら、がん保険単体よりも、死亡保障にがんの保証を付ける方が医療費を抑えることができるって場合が多いみたい((+_+))
でも、実はきちんとした理由があって安くなってるそうだよ・・・。
保障の内容も物足りないってことが多いんだって。
診断給付金がでないとか、入院する日数に制限があるとか。
保険料が期間ごとに上がるなど・・・。
大体60歳ほどで、大型の死亡保障っていうのは生命保険の商品だとおわっちゃうものがほとんどだよね(−−〆)
継続してがん保障だけを残すっていうのは、一時金が必要だったりするようだよ。
がんにかかるリスクは60歳を過ぎると大きくなるのに・・・。

がん保険を医療保障のあり方

成人して会社勤めしたりするようになると・・・。

 

知り合いの進めとか会社の団体などで保険に加入することになるってことよくあるんじゃないかな〜??
大体、保険に詳しい知識もなく、勧められるがままに入るってこも多くあるかもね(−−〆)
でも、結婚して家計のことなどを考えた時に、ふと不安になることも・・・。
がんになったときに保障される保険なのかな〜?
という考えが頭をよぎったりするものじゃない?
入院給付金っていうものが、医療保険などにはついてるものだけど・・・。
しっかりがんの治療に対して保険料が支払われるのかどうかってことは分からないよね(*_*;
がん保険と医療保険の違いを知って、賢くがん保険選びをした方が良さそうだね!!
基本的に、医療保険だとがんと診断されても診断給付金って出ないんだよね・・・。
一時金として、10〜300万円ほどが診断給付金として支払われるのが、がん保険みたい。
がん保険には、入院する日数も制限なくできるのに、医療保険だと制限があるんだって(−−〆)
大体150万円ほどの費用が、がんの治療に対してかかる平均の額でね。
がんにかかったときに、医療保険だけだと治療費をしっかりカバーするのは難しいみたい。

ホーム RSS購読